大相撲 台風で一時進行遅れる 力士が取組前に到着できず

大相撲 台風で一時進行遅れる 力士が取組前に到着できず
台風15号の影響で、日本相撲協会は9日の秋場所2日目の取組の開始を告知どおりに遅らせましたが、交通機関の乱れで力士が取組前に到着できず、合わせて13の取組の順番が変更され、一時、進行が遅れました。
日本相撲協会は、台風15号の影響による交通機関の乱れなどを考慮し、8日時点で、秋場所2日目の取組を当初の午前8時40分から30分遅らせて午前9時10分に開始すると発表しました。

9日は、午前9時10分から取組が始まりましたが、交通機関の乱れで序ノ口や序二段など15人の力士の到着が遅れ、合わせて13の取組が後ろ倒しになって順番が変更されました。

進行の調整で遅れはほぼ解消され、幕内の取組は予定どおり午後4時すぎに始まりました。