災害拠点病院が停電 自家発電で対応も外来の一部制限 千葉

災害拠点病院が停電 自家発電で対応も外来の一部制限 千葉
千葉県市原市の「千葉県循環器病センター」では、停電の影響を受け、自家発電で機能の維持をはかる一方、一部の外来の受け付けを制限するなどして対応しています。
千葉県市原市鶴舞の「千葉県循環器病センター」は災害拠点病院に指定されていますが、9日午前4時ごろに停電しました。このため、酸素ボンベや点滴など患者の生命維持に電気が必要なところや、電子カルテや診察室の一部の照明などに自家発電で電力を供給して対応しています。

一方で冷房などの空調は使えないため、室内の気温が上がる中、病院では一部の外来の診察を制限するなどの対応をとりました。

病院によりますと、9日の外来の予約は280件ほどあったということですが、緊急で処置が必要な患者などに限定して対応したということです。

市原市の88歳の男性は、「3か月に1度、心臓の薬をもらわなくてはいけませんが、きょうで薬がなくなってしまうところだったので、対応してもらえて本当に安心しました」と話していました。

千葉県循環器病センターの村山博和病院長は、「医療現場での停電は、非常に困ります。これ以上停電が長引いたら、重篤な患者は転院させなくてはいけなくなるため、早く復旧するよう、祈るばかりです」と話していました。

病院では、このまま停電が続けば10日も患者の対応を一部制限するということです。