三笠宮寛仁妃 信子さま 腰椎の一部骨折し入院

三笠宮寛仁妃 信子さま 腰椎の一部骨折し入院
k10012071801_201909091734_201909091828.mp4
三笠宮寛仁妃の信子さまは、お住まいで転倒して腰椎の一部を骨折し、東京都内の病院に入院されました。
宮内庁によりますと、信子さまは8日夜、東京 千代田区にあるお住まいの部屋で転倒し、9日朝も痛みがあったことから、東京 新宿区の慶応義塾大学病院で検査を受けたところ、腰椎の一部を骨折されていて全治3か月程度と診断されたということです。

手術の必要はなく信子さまは、そのまま入院して患部を固定しながら安静に過ごされているということです。

信子さまは1週間から2週間ほど入院する見通しで、今月中の公務は取りやめられ、来月以降は回復の様子を見ながらの判断になるということです。