株価値上がり 世界経済減速に歯止めかかると期待広がる

株価値上がり 世界経済減速に歯止めかかると期待広がる
週明けの9日の東京株式市場、株価は値上がりしました。
日経平均株価、9日の終値は先週末より118円85銭高い、2万1318円42銭、東証株価指数=トピックスは、14.01上がって1551.11、1日の出来高は9億6437万株でした。

市場関係者は、「各国の中央銀行が金融緩和の方向に向かい、投資家の間に世界経済の減速に歯止めがかかることへの期待が広がり、幅広い銘柄が買われた。今週は、日本時間の12日夜に発表されるECB=ヨーロッパ中央銀行の政策に注目が集まっている」と話しています。