猛烈な暑さ 38度近くも 熱中症に警戒を

猛烈な暑さ 38度近くも 熱中症に警戒を
k10012071271_201909091224_201909091232.mp4
台風に流れ込む暖かい空気などの影響で東日本と西日本の各地で35度以上の猛暑日になり、ところによって38度近くにまで達しています。平年を大幅に上回る危険な暑さになっているため、こまめに水分を補給するなど熱中症に警戒してください。
気象庁によりますと、台風に流れ込む暖かい空気に加え広い範囲で晴れている影響で、東日本と西日本の各地で気温が上がっています。

午後1時半までの最高気温は、
▽三重県桑名市で37度9分、
▽岐阜県美濃市で37度2分、
▽東京・練馬区と愛知県岡崎市で37度ちょうど
▽京都市で36度9分、
▽甲府市で36度1分、
▽東京の都心で35度9分、
▽岡山市で35度6分などと各地で猛暑日になっています。

このあとさらに気温が上がる見込みで、日中の最高気温は、
▽名古屋市と静岡市、埼玉県熊谷市、甲府市で37度、
▽東京の都心や京都市で36度、
▽横浜市や高松市、福岡市で35度などと、各地で猛暑日が予想されています。平年を大幅に上回る危険な暑さになっています。

こまめに水分を補給するほか冷房を適切に使うなど、熱中症に警戒してください。

ホームで倒れる人も 熱中症に十分な対策を

午前11時ごろ、東京 世田谷区の小田急線喜多見駅は、強い日ざしが照りつける中ホームに人があふれ、電車も満員でなかなか乗れない状態でした。

暑さが厳しいホームでは、体調を崩して倒れ、駅員の介抱を受ける人もいました。

東京の最高気温は、都心で36度と予想されていて、気象庁は熱中症に十分な対策を取るよう呼びかけています。

熱中症を防ぐには、日陰に入ったり、帽子や日傘を使ったりしてできるだけ日光に直接当たらないようにすることや、のどが渇く前にこまめに水分補給をすることが大切です。

また、子どもは地面からの頭の位置が低いため、照り返しで大人よりも高温の影響を受けやすいため、注意が必要です。

専門家は、屋外で体調が悪くなった場合は、涼しい場所へ移動して水分補給をし、安静にして様子をみてほしいとしています。