建物被害 神奈川県内で84棟 午前10時

建物被害 神奈川県内で84棟 午前10時
NHKが各地の自治体に取材したところ、神奈川県内では午前10時の時点で住宅のトタン屋根が飛ばされたり瓦が落ちたりして、横浜市や厚木市、海老名市などで合わせて84棟の建物に被害が出ているということです。
横浜市西区のみなとみらい地区では交差点のそばにある工事中のビルの足場が崩れ、崩れた足場が歩道や車道に広がったほか、鎌倉市ではJR鎌倉駅前の商店街の入り口に設置されていた高さおよそ7メートルのアーチ状の鉄製の看板が倒れて、飲食店の窓ガラスが割れる被害が出ています。

また、三浦市南下浦町で国道134号線近くの海岸にある海の家が倒壊し、道路を塞いでいるということです。

神奈川県内では、ほかにも強風によって折れた木が道路を塞ぐなどの被害が出ているとみられ、自治体や消防で確認を進めています。