テニス全米オープン ナダル 2年ぶり4回目の優勝

テニス全米オープン ナダル 2年ぶり4回目の優勝
テニスの四大大会の1つ、全米オープンは8日、男子シングルスの決勝が行われ、元世界ランキング1位でスペインのラファエル・ナダル選手がロシアのダニール・メドベージェフ選手を破り、この大会、2年ぶり4回目の優勝を果たしました。
四大大会通算18回の優勝を誇り現在、世界2位の33歳、ナダル選手は8日、ニューヨークで行われた決勝で四大大会初優勝を目指した世界5位の23歳、メドベージェフ選手と対戦しました。

ナダル選手は、第1セットを7ー5、第2セットを6ー3と2セットを連続で奪いました。

しかし、第3セットを5ー7、第4セットも4ー6で落とし、試合は、最終セットまでもつれました。

最終の第5セットでナダル選手は、相手のサービスゲームを2つブレークするなどして6ー4で取り、セットカウント3対2で勝って2年ぶり4回目の優勝を決めました。

四大大会の通算優勝回数は、スイスのロジャー・フェデラー選手の20回に次ぐ、19回となりました。