台風影響 交通機関 徐々に運転再開も混乱続く

台風影響 交通機関 徐々に運転再開も混乱続く
鉄道各社が運転を見合わせた影響で、朝の通勤時間帯は各地で混雑しました。
(写真:新浦安駅)

新宿駅 大幅な遅れで混雑続く

JRや私鉄の一部の路線で運転が再開され、新宿駅では安どの声が聞かれた一方、大幅な遅れの影響で混雑が続いています。

新宿駅では、けさは人の姿はほとんど見られませんでしたが、一部の路線の運転が再開した午前9時ごろから電車を乗り降りする多くの人が行き交うようになり、混雑しています。

埼玉県戸田市からJR埼京線に乗ってきた29歳の会社員の男性は「入場規制で戸田駅にもなかなか入れず、ようやく入れたら今度は電車が満員で、2時間ほど待ちました。ひとまず安心ですが、これからまだ地下鉄に乗らないといけません」と疲れた表情で話していました。

また、東京 武蔵野市の武蔵境駅からJR中央線に乗ってきた26歳の会社員の女性は「途中の駅で満員電車が30分ほど停車し、疲れました。田町駅が目的地ですが、暑すぎるので混雑がやわらぐのを待ってから行こうと思います。午後から出てくればよかったです」と話していました。

また、新宿区のJR信濃町駅まで行くという61歳の会社員の男性は「電車もなかなか動かないので、30分ほどかかりますが歩いていこうと思います」と話していました。

JR中央線 武蔵小金井駅 上り線は“入場制限”

JR中央線が通る東京の武蔵小金井駅では、午前11時がすぎても、新宿や東京方面に向かう上り線は利用者の入場を規制しています。

ホームに入れない人たちが改札口の外まであふれ、JRの職員に見通しを尋ねていました。

北浦和駅では

JR京浜東北線も混雑が続いています。

北浦和駅では、午前11時の時点でも入場規制を行っていて、駅に入れない人が駅前から商店街にわたっておよそ200メートルの列をつくっていました。

駅員によりますと、混雑は徐々に解消される見込みだということです。

池袋駅では

池袋駅では、電車や地下鉄に乗ろうという人が集中しているため、午前10時45分の時点で入場制限が続いていて混雑しています。

駅の改札の周辺では、一時、身動きがとれなくなるほとで、暑さの中、汗を拭う人の姿も多く見られました。

横浜中心部は道路も渋滞

横浜市中心部では午前9時半ごろ道路で激しい渋滞が起きていました。

台風で鉄道各社が相次いで運転を見合わせたことで車を利用する人が増えたことに加え、道路も、工事現場の足場が崩れるなどして通れない場所があることが影響しているとみられています。

羽田空港では

羽田空港の国内線の出発ロビーには、台風の影響で欠航になった便の振り替えを探す人や、鉄道など交通機関の遅れで飛行機に乗り遅れた人たちの姿が見られました。

会社の打ち合わせで札幌市に向かう予定だった53歳の会社員の男性は「東京駅からJRが運転見合わせで羽田出発の時間に間に合わなかった。打ち合わせは午後1時半からで間に合わないので、会社と連絡を取ってこれからどうするか考える。とても困っている」と話していました。

また、北海道に午後の便で戻る予定の48歳の男性は「滞在していた茨城県のホテルから空港まで通常は1時間半くらいだが、交通機関が大幅に遅れると思い早め早めに移動しても倍の3時間ほどかかった。余裕をもって移動したため出発便には間に合うのでとてもほっとしている」と話していました。