神奈川県内 6人けが 転倒して骨折など

神奈川県内 6人けが 転倒して骨折など
NHKが神奈川県内の各地の自治体や消防に取材したところ、この台風の影響で、神奈川県内ではこれまでに6人が転倒して骨折したり、飛んできたものに当たったりしてけがをしたということです。
このうち相模原市緑区では、8日夜8時半ごろ自宅から徒歩で避難所に向かっていた80代の男性が途中で転倒して頭を打ち、軽いけがをしました。

横浜市栄区では8日夜11時すぎ、52歳の男性が住宅の駐車場に向かう途中で風で飛んできた物が頭に当たり軽いけがをしたということです。

横浜市緑区では午前3時すぎ、風で飛ばされた近くの小屋の柱が寝室の窓ガラスを突き破り、43歳の女性が額や足を切るけがをしました。

藤沢市藤沢では午前4時15分ごろ、倒れた木によって巻き上げられたほこりが目に入り生後2か月の女の子が軽いけがをして病院に運ばれました。

また、川崎市では
▽宮前区で午前4時半ごろ、80代女性が風にあおられて転び、足の骨を折るけがをしたほか、
▽中原区では50代の男性が風にあおられたドアに指をはさまれ、軽いけがをしたということです。