台風15号 私鉄 多くの路線で始発から運転見合わせ

台風15号 私鉄 多くの路線で始発から運転見合わせ
台風15号の接近に伴って、首都圏の私鉄の多くで9日の始発から運転を見合わせています。
東武鉄道は▽伊勢崎線、▽日光線、▽野田線、▽東上線で安全確認のため、午前6時ごろまで全線で運転を見合わせます。その後、天候の状況や安全を確認したうえで、運転見合わせを継続するか、運転本数を大幅に減らす可能性があるということです。また、特急列車については、日光線と伊勢崎線で正午ごろまで見合わせるということです。

▽京急電鉄は、始発から全線で運転を見合わせています。天候が回復次第、安全確認を行うものの、午前8時ごろまで運転を見合わせる可能性があるということです。

▽京成電鉄、▽東急電鉄、▽京王電鉄、▽小田急電鉄、それに▽東京臨海高速鉄道のりんかい線は、始発から全線で運転を見合わせています。

東京メトロによりますと、
▽地下鉄東西線は東陽町と西船橋の間で午前10時ごろまで運転を見合わせます。
▽地下鉄有楽町線は、豊洲と新木場の間で午前8時ごろまで運転を見合わせます。
この影響で▽副都心線もダイヤが大幅に乱れる可能性があるということです。

都営地下鉄では▽三田線が本蓮沼と西高島平の間で、▽新宿線が大島と本八幡の間で午前7時ごろまで運転を見合わせます。▽都電荒川線と日暮里・舎人ライナーは午前7時ごろまで全線で運転を見合わせます。

▽ゆりかもめは、午前8時ごろまで運転を見合わせます。
▽東京モノレールは、午前7時ごろまで運転を見合わせます。
▽多摩モノレールは、午前8時ごろまで運転を見合わせる予定で、安全点検の結果によっては、さらに運転開始が遅れる可能性もあるということです。

一方、西武鉄道は▽多摩川線で架線にかかった飛来物を取り除く作業のため、始発から全線で運転を見合わせています。また、▽池袋線と▽有楽町線は一部の電車に運休が出ているということです。