台風15号 私鉄 始発からしばらくの間 運転見合わせも

台風15号 私鉄 始発からしばらくの間 運転見合わせも
台風15号の接近に伴って、首都圏の私鉄の一部では9日の始発からしばらくの間、運転見合わせを決めたところがあります。
東京メトロによりますと
▽地下鉄東西線は東陽町と西船橋の間で始発から午前10時ごろまで運転を見合わせます。
▽地下鉄有楽町線は、豊洲と新木場の間で始発から午前8時ごろまで運転を見合わせます。
この影響で副都心線もダイヤが大幅に乱れる可能性があるということです。

都営地下鉄では
▽三田線が本蓮沼と西高島平の間で
▽新宿線が大島と本八幡の間で始発から午前7時ごろまで運転を見合わせます。
▽都電荒川線と日暮里・舎人ライナーは始発から午前7時ごろまで全線で運転を見合わせます。

東武鉄道は
▽伊勢崎線
▽日光線
▽野田線
▽東上線で安全確認のため、始発から午前6時ごろまで全線で運転を見合わせます。
その後、天候の状況や安全を確認したうえで、運転見合わせを継続するか、運転本数を大幅に減らす可能性があるということです。
また、特急列車については、日光線と伊勢崎線で始発から正午ごろまで見合わせるということです。

▽ゆりかもめは、始発から午前8時ごろまで運転を見合わせます。

▽多摩モノレールは、始発から午前8時ごろまで上下線ともに運転を見合わせる予定で、安全点検の結果によっては、さらに運転開始が遅れる可能性もあるということです。

このほかの私鉄でも、天候の状況次第で始発からの運転を見合わせる可能性があります。

▽京急電鉄は始発から午前8時ごろまで全線で運転を見合わせる可能性があるということです。

▽京王電鉄は始発から運転を見合わせたり、運転本数を減らしたりする可能性があり、検討を進めているということです。

▽東急電鉄は始発から運転を見合わせたり、通勤時間帯の運転本数を大幅に減らす可能性があり、朝の状況によって、最終判断したいとしています。

▽小田急電鉄は風や雨が収まって安全が確認され次第、運転を開始したいとしています。

▽西武鉄道は始発から運転する予定で、天候の状況次第で、速度を落として運転したり、運転を見合わせたりする可能性があるということです。