大相撲秋場所2日目 大関復帰目指す貴景勝は碧山と対戦

大相撲秋場所2日目 大関復帰目指す貴景勝は碧山と対戦
大相撲秋場所は2日目、大関復帰を目指す関脇 貴景勝は初日に白星を挙げ、9日は平幕の碧山と対戦します。
2場所連続で休場し、大関から陥落した関脇 貴景勝は今場所、10勝以上を挙げれば大関に復帰することができます。

初日に平幕の大栄翔を突き落としで退けて無難に滑り出した貴景勝は、9日は前頭筆頭の碧山との対戦です。

過去の対戦成績は貴景勝の3勝1敗ですが、右ひざを痛めたことし5月の夏場所では再出場した中日に敗れた相手です。

貴景勝はこの取組の翌日から再び休場となりました。貴景勝は持ち味の低い当たりで突き起こす本来の相撲を取って、嫌なイメージを払拭(ふっしょく)し、大関復帰に向けて白星を重ねたいところです。

一方、場所前に日本国籍を取得し初めての場所に臨んだ横綱 白鵬は、初日に前頭筆頭の北勝富士に不覚を取り、2日目は小結 阿炎との対戦です。

白鵬は動きのいい阿炎に対してしっかり踏み込んで捕まえ、まずは今場所初白星を挙げて流れをつかみたいところです。

2場所連続優勝を目指す横綱 鶴竜は白鵬を破った北勝富士の挑戦を受けます。過去の対戦は鶴竜の4勝2敗です。

北勝富士の威力のある突き押しに慌てることなく、まわしをつかむ展開になれば横綱が断然優位です。

対する北勝富士は一気に攻め込んで、横綱を引かせる展開に持ち込めば勝機が出てきます。