上皇后さま 乳がんの摘出手術無事終了 数日で退院される見通し

上皇后さま 乳がんの摘出手術無事終了 数日で退院される見通し
上皇后さまは8日、東京 文京区の東京大学付属病院で乳がんの摘出手術を受けられ、手術は無事終了しました。手術中の検査で転移は認められなかったということで、順調にいけば数日で退院される見通しだということです。
上皇后さまは、8日午前10時から東大病院の中央診療棟の手術室で、早期の乳がんの摘出手術を受けられました。

手術は、県立静岡がんセンターと東大病院の乳腺外科の医師らが協力して行い、およそ4時間後に無事終了しました。

宮内庁によりますと、予定どおり、がんとその周辺だけを摘出する部分切除術が行われ、がんを周辺の組織とともに切除したということです。

がんの進行度合いは、手術前の検査結果と変わらずステージ1と判断され、手術中に行われた病理検査の結果、転移は認められなかったということです。

上皇后さまは、経過が順調であれば数日で退院される見通しで、今後の治療は、摘出した組織を詳しく調べる病理診断の結果を受けて検討されるということです。

8日は手術に先立って、上皇さまと長女の黒田清子さんが上皇后さまの病室を訪れ、手術室に向かわれる上皇后さまに付き添われました。

上皇さまは夕方、再び病院を訪れ、上皇后さまを見舞うとともに、上皇后さまと黒田さんと3人で手術の結果について医師から説明を受けられました。

上皇ご夫妻は、転移が認められなかったことなどを聞いて安心した様子だったということで、「ありがとう」などと感謝の気持ちをあらわされたということです。

一方、天皇皇后両陛下は訪問先の秋田県で手術が無事終了したと報告を受け、上皇后さまにお見舞いの気持ちを伝えられたということです。また秋篠宮ご夫妻も、同様にお見舞いの気持ちを伝えられたいうことです。