国民 立民などとの会派合流めぐり会合 党の政策堅持の声も

国民 立民などとの会派合流めぐり会合 党の政策堅持の声も
立憲民主党などとの会派の合流をめぐり、国民民主党は国会議員や地方組織の代表者を集めた会合を開き、出席者からは野党がまとまって政権・与党に対じすべきだと賛成する意見が相次いだ一方、党の政策を堅持するよう求める指摘も出されました。
国民民主党は8日、都内で国会議員や地方組織の代表者を集めた会合を開き、執行部が衆・参両院で立憲民主党などと会派の合流に向けて調整を進めていることを報告しました。

この中で玉木代表は「野党がバラバラにやっていたのでは、安倍政権には太刀打ちできない。強力な構えを作って政権に向き合うのが大きな趣旨だ」と述べました。

これに対し、出席者からは「野党がまとまって政権・与党に対じすべきだ」と賛成する意見が相次いだ一方、「会派を一緒にしても党の理念や政策を堅持すべきだ」とか、「合流に向けた調整の進捗状況を説明してほしい」などという指摘も出されました。

これについて執行部は「意見に隔たりのある政策テーマについては、お互いに配慮し合うことになっている」と説明し、理解を求めました。