プロ野球 DeNAで選手による交通事故相次ぐ

プロ野球 DeNAで選手による交通事故相次ぐ
プロ野球・DeNAで選手による交通事故が、今月に入って相次いでいるため、球団は選手の安全運転に向けた取り組みを徹底するとしています。
球団によりますと、8年目の26歳、桑原将志選手は8日午前9時ごろ、川崎市のコンビニエンスストアの駐車場で車をバックさせたところ、後ろにいた車に衝突したということです。
この事故でけがをした人はいませんでした。

桑原選手は去年7月にサイクルヒットを達成し、守備の優れた選手に贈られるゴールデン・グラブ賞に輝いたこともありますが、現在は2軍で調整中でした。

DeNAでは、6日にも7年目の33歳で今シーズン3勝をあげている井納翔一投手が、横浜市内の道路で方向転換をした時に後ろに止まっていた車とぶつかる事故を起こしました。けが人はいませんでした。

球団は「ご迷惑をおかけした関係各所には深くおわびを申し上げるとともに、今後の再発防止と安全運転教育の徹底を球団全体で取り組んでまいります」とコメントしています。