台風15号 交通影響 鉄道・空・フェリー・高速道路

台風15号 交通影響 鉄道・空・フェリー・高速道路
台風15号の接近に伴い、交通機関はJRの首都圏の在来線が9日の始発から午前8時まですべての路線で運休を決めるなど、大きな影響が出ています。JRや航空各社などは、今後、さらに運航や運転に影響が出るおそれがあるとして、ホームページなどで最新の状況を確認するよう呼びかけています。

JR

JR東日本によりますと、9日の始発から午前8時ごろまで運休するのは、山手線、京浜東北・根岸線、東海道線、横須賀線、総武快速線、中央快速線、中央・総武線、中央本線、埼京線、川越線、宇都宮線、高崎線、常磐線、成田線、武蔵野線、南武線、横浜線、相模線、青梅線、五日市線、八高線、鶴見線、伊東線のいずれも全線です。

このうち、常磐線の取手駅といわき駅の間と、青梅線の青梅駅と奥多摩駅の間は午前9時ごろまで運転を取りやめる予定です。

また、湘南新宿ラインの全線と、上野東京ラインの上野駅と東京駅の間は、9日の始発から午前中にかけて運転を取りやめる予定です。

京葉線の全線も9日の始発から午前10時ごろにかけて運転を取りやめる予定です。

首都圏の在来線の中には、すでに運休したり、8日夜から順次、運転を取りやめたりする路線もあります。

東海道新幹線は、8日午後4時以降の上り65本と、午後3時以降の下り52本の合わせて117本について運行を取りやめたり、取りやめが決まったりしています。

また、最終列車の出発時間が繰り上げとなり、のぞみの東京発の下りが午後7時に出発したのを最後に、すべての最終列車がすでに始発駅を出発しています。

一方、新大阪発名古屋行きののぞみとこだまは通常どおり運転しているということです。

JR東海は、台風の進路によっては9日も始発から運休や遅れなどが発生する可能性があるとしています。

私鉄

小田急電鉄がすべての路線で午後8時ごろから徐々に運転本数を減らし、午後10時ごろをめどにすべての電車の運休を決めたほか、京王電鉄もすべての路線で午後9時ごろから順次、運転本数を減らし、午後10時ごろにはすべての電車の運転を取りやめることを決めました。

東急電鉄によりますと、東急線の全線で午後10時39分までに8日の列車の運転を終了したということです。
9日は始発から運転を見合わせたり、通勤時間帯の運転本数を大幅に減らす可能性があり、9日の朝の状況によって、最終判断したいとしています。

また、銚子電鉄も9日の始発から午前10時まで全線で運休することになりました。

モノレールは、東京モノレールが上下線とも8日午後11時半以降の運転を取りやめることを決めました。

多摩モノレールも上下線ともに8日午後10時以降、順次、運転をとりやめます。また9日は、始発から午前8時まで運転を見合わせる予定で、安全点検の結果によっては、さらに運転開始が遅れる可能性もあるということです。

東武鉄道は伊勢崎線、日光線、野田線は、8日午後8時ごろから順次運転本数を減らしていて、午後11時ごろからは終日、全線で運転を見合わせるということです。
また、東上線も午後10時ごろから、終日、全線で運転を見合わせるということです。
4つの路線では、9日は安全確認のため、始発から午前6時ごろまで全線で運転を見合わせます。
その後、天候の状況や安全を確認したうえで、運転見合わせを継続するか、運転本数を大幅に減らす可能性があるということです。
また、特急列車について8日午後10時50分に浅草を出発する日光線の新栃木行きの運転を取りやめました。
9日は、日光線と伊勢崎線の特急の運転を始発から正午ごろまで見合わせるということです。

地下鉄

東西線が東陽町と西船橋の間で8日午後11時ごろから運転を見合わせるほか、9日も同じ区間について、始発から午前10時ごろまで運転を見合わせるということです。

有楽町線は、豊洲と新木場の間で9日の始発から午前8時ごろまで運転を見合わせます。

この影響で、副都心線も9日のダイヤが大幅に乱れる可能性があるということです。

千代田線は、小田急線と相互乗り入れを行っている8日夕方以降のロマンスカー、4本の運休が決まっています。

空の便

空の便は午後10時現在で8日は135便が欠航し、9日も106便の欠航が決まっています。

このうち、日本航空は羽田を発着する便を中心に8日は国内線47便と国際線1便が欠航し、9日は国内線47便と国際線1便の欠航を決めました。

全日空は8日30便が欠航し、9日も羽田を発着する便を中心に19便の欠航が決まっています。

エアドゥは8日、17便が欠航し、9日は羽田と北海道各地を結ぶ便など3便が欠航を決めています。

スカイマークは8日は羽田を発着する便を中心に10便が欠航し、
9日も羽田や茨城を発着する便など、合わせて15便が欠航を決めています。

スターフライヤーは8日は8便が欠航し、9日は羽田と北九州を結ぶ便など6便が欠航を決めています。

ピーチ・アビエーションは8日は沖縄から成田に向かう便など2便が欠航し、9日は成田と北海道を結ぶ便など2便が欠航を決めています。

ソラシドエアは8日は羽田と熊本や鹿児島などを結ぶ便など9便が欠航し、9日も9便が欠航を決めています。

春秋航空日本は8日は成田を発着する2便が欠航し、9日も成田を発着する2便が欠航を決めています。

日本トランスオーシャン航空は8日は羽田と石垣を結ぶ便など2便が欠航し、9日は3便の欠航が決まっています。

フジドリームエアラインズは8日、静岡と福岡を結ぶ便など8便が欠航しました。

フェリー

フェリーは、千葉県富津市の金谷と神奈川県横須賀市の久里浜を結ぶ「東京湾フェリー」が、8日いっぱいの欠航を決めています。

高速道路

高速道路は、東名高速道路の富士インターチェンジと清水ジャンクションの間の下り線が通行止めとなっています。

また、神奈川県の小田原市と湯河原町を結ぶ有料道路の真鶴道路の全線と、神奈川県の「西湘バイパス」下り線の大磯東インターチェンジと早川インターチェンジの間でそれぞれ通行止めになっています。