非常に強い台風15号 各地で記録的な暴風 外出控え厳重警戒を

非常に強い台風15号 各地で記録的な暴風 外出控え厳重警戒を
非常に強い台風15号は関東などを暴風域に巻き込みながら北上していて、各地で記録的な暴風が観測されているほか、非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降っています。台風は、明け方にかけて関東に上陸する見込みで、暴風や大雨に厳重に警戒が必要です。暴風が吹き荒れる中での外出は控えてください。
気象庁によりますと、非常に強い台風15号は9日午前2時には、神奈川県の横須賀市付近を1時間に20キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の南東側90キロ以内と北西側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間、静岡県や伊豆諸島、それに東京都など関東南部が暴風域に入っています。

関東南部では急激に風が強まっていて、最大瞬間風速は神奈川県三浦市で午前1時半すぎに観測史上1位となる41.7メートル、千葉県館山市で午前2時前に41.3メートルを観測しました。

また、8日夜、神津島で58.1メートル、静岡県東伊豆町稲取で48.3メートルの最大瞬間風速を観測し、いずれも観測史上1位の記録を更新しました。


台風本体の発達した雨雲がかかり、午前2時までの1時間に神奈川県が横須賀市に設置した雨量計で64ミリ、国土交通省が千葉県鋸南町に設置した雨量計で55ミリの非常に激しい雨を観測しました。

また、午前0時半ごろまでの1時間には静岡県の天城山で109ミリの猛烈な雨を観測しました。

これまでの雨で静岡県と神奈川県、それに伊豆諸島では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

千葉県では、氾濫の危険性が非常に高い、氾濫危険水位を超えている川があります。

台風は、これから明け方にかけて関東に上陸する見込みで、去年、近畿で大きな被害を出した台風21号に匹敵する勢力で関東を通過するおそれがあり、各地で急激に風や雨が強まって記録的な暴風となるおそれがあります。

各地で猛烈な風が吹き、9日予想される最大風速は、関東と静岡県、伊豆諸島で45メートル、東北で30メートル、最大瞬間風速は関東と静岡県、伊豆諸島で60メートル、東北で45メートルと予想されていて、波の高さは伊豆諸島で11メートルなど各地で猛烈なしけや大しけが続く見込みです。

関東甲信と静岡県では、9日明け方にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあり、東北でも、明け方から昼前にかけて非常に激しい雨が降るおそれがあります。

9日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、関東甲信で250ミリ、静岡県で200ミリ、東北で150ミリと伊豆諸島で80ミリ、予想されています。

暴風のほか、大雨による低い土地の浸水、川の氾濫、土砂災害、高波に厳重に警戒し、暴風が吹き荒れる中での外出は控えてください。

「非常に強い」 去年の台風21号並み

台風15号は8日夜、中心付近の最大風速が45メートルに達して「非常に強い」勢力に発達しました。

これは去年9月、四国や近畿に上陸し、通過した台風21号と同じ勢力です。

去年の台風21号では、大阪の関西空港で観測史上最も強い58.1メートルの最大瞬間風速を観測し、滋賀県では会社の倉庫が倒壊して男性が死亡したほか、大阪などでは、飛んできたものに当たったり、ベランダから転落したりして、合わせて14人が亡くなりました。

今回の台風15号も非常に強い勢力で関東や静岡県に接近していることから暴風に厳重な警戒が必要です。