上皇后さま きょう乳がんの摘出手術

上皇后さま きょう乳がんの摘出手術
k10012068751_201909081222_201909081223.mp4
上皇后さまは8日、東京 文京区の東京大学附属病院で、乳がんの摘出手術を受けられています。
7日東大病院に入院した上皇后さまは、8日午前10時ごろ、特別病室から手術室に移り、乳がんの摘出手術を受けられています。

上皇后さまは、ことし7月の健康診断で左の乳腺に腫りゅうが見つかり、その後の検査で比較的早期の乳がんと診断されました。

がんの進行度合いを示すステージは1で、明らかな転移はないと判断されているということです。

手術は、県立静岡がんセンターと東大病院の乳腺外科の医師が協力し、全身麻酔のうえで行われていて、全体で4時間ほどかかる見通しです。
一方、手術に先立って、上皇さまが午前9時半前に病院に到着し、院長らとあいさつを交わして上皇后さまの病室に向かわれました。

長女の黒田清子さんも病院を訪れていて、上皇さまは、黒田さんとともに、手術室に向かわれる上皇后さまに付き添われたということです。

上皇后さまは、順調であれば、数日で退院される見通しだということで、宮内庁は8日夜、手術の結果について発表することにしています。