ブラームス国際コンクール ピアノ部門で日本人が1~3位独占

ブラームス国際コンクール ピアノ部門で日本人が1~3位独占
若手音楽家の登竜門として知られるオーストリアの「ヨハネス・ブラームス国際コンクール」で、日本の三原未紗子さんがピアノ部門で優勝したほか、2位と3位も日本人が受賞するなど上位を独占する活躍を見せました。
「ヨハネス・ブラームス国際コンクール」は、19世紀の作曲家、ブラームスにちなんで、毎年この時期、オーストリア南部のペルチャッハで開かれ、ヨーロッパの権威あるコンクールの1つで、若手音楽家の登竜門としても知られています。

26回目となる、ことしのコンクールでは7日夜、ピアノ部門の決勝が行われ、神奈川県藤沢市出身で、オーストリアのザルツブルクの音楽大学などを卒業し、現在日本で活動している三原未紗子さん(30)が優勝しました。

三原さんは、NHKの取材に対して「結果に驚いています。決勝で演奏したブラームスのピアノ協奏曲1番は、長年演奏したかった曲であり、リハーサルのときから夢がかなった気分でした。今後も演奏を通じて、音楽のよさを伝えていきたい」と喜びを語っていました。

さらに2位には東京出身の尾島紫穂さん、3位には神奈川出身の石井楓子さんが入り、日本の音楽家が上位を独占する活躍を見せました。

また、声楽の部門では、東京都出身のソプラノ歌手、櫻井愛子さんが2位に入賞し、「自分の歌が伝わるか心配だったが、2位に入ってびっくりした。今後、海外で挑戦したい」と話していました。

8日夜には、ことしの優勝者の三原さんらの演奏会が開かれるということです。