街路樹衝突の車炎上2人死亡 ひき逃げ容疑で男逮捕 栃木

街路樹衝突の車炎上2人死亡 ひき逃げ容疑で男逮捕 栃木
k10012048601_201908260803_201908260916.mp4
23日、栃木県鹿沼市で対向車線をはみ出してきた車と接触した乗用車が街路樹に衝突して炎上し、2人が死亡した事件で、警察は対向車線の車を運転していた50歳の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。
23日午後11時半ごろ、鹿沼市深津の県道で乗用車が道路の左脇の街路樹に衝突して炎上し、運転席と助手席から2人が遺体で見つかりました。

警察の調べによりますと、乗用車は対向車線からはみ出してきた車と接触したはずみで街路樹に衝突したということで、警察はひき逃げ事件として、対向車線を走っていた車の行方を追っていました。

警察は防犯カメラの映像や現場に残された車体の破片を分析するなどして逃げた車を特定し、26日未明、この車を運転していた宇都宮市海道町の建設作業員 大橋強史容疑者(50)をひき逃げと過失運転致死の疑いで逮捕しました。

調べに対し大橋容疑者は「相手の車とぶつかって不安になり、現場から逃走した」と供述し、容疑を大筋で認めているということです。

警察は死亡した2人の身元の確認を進めるとともに、当時の詳しい状況を調べています。