参院選 無届け文書配付の疑い 柔道整復師会長ら書類送検

参院選 無届け文書配付の疑い 柔道整復師会長ら書類送検
k10012048191_201908260808_201908260922.mp4
7月の参議院議員選挙で当選した自民党の2人の議員への投票を、選挙管理委員会に届け出ていない文書を配って呼びかけたとして、埼玉県柔道整復師会の会長らが公職選挙法違反の疑いで書類送検されたことが捜査関係者への取材でわかりました。
書類送検されたのは埼玉県柔道整復師会の70歳の会長ら3人です。

捜査関係者によりますと、会長らは7月、参議院選挙の埼玉選挙区と比例代表で当選した自民党の2人の議員への投票を選挙管理委員会に届け出ていない文書を配って呼びかけたとして、公職選挙法違反の疑いが持たれています。

配られた文書は会長が代表を務める柔道整復師などでつくる政治団体の会員800人余りに郵送されたとみられるということです。

公職選挙法では選挙管理委員会に届け出た文書以外を有権者に配布することは禁じられています。

NHKの取材に対して会長は「警察から指摘されるまで選挙違反になるという認識がなかったが、文書を送ったのは事実なので反省しています」と話しています。