浅間山で小規模噴火 噴火警戒レベルは「2」を継続

浅間山で小規模噴火 噴火警戒レベルは「2」を継続
長野と群馬の県境にある浅間山で25日夜、小規模な噴火が発生しました。気象庁はすでに発表している噴火警戒レベル「2」の火口周辺警報を継続し、火口からおおむね2キロの範囲で噴火に伴う大きな噴石などに引き続き警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、25日午後7時28分ごろ、浅間山で小規模な噴火が発生し、噴煙が火口からおよそ600mの高さまで上がりました。

浅間山で噴火が発生したのは今月7日以来で、このとき気象庁は噴火警戒レベルを「入山規制」を示す3に引き上げましたが、その後、「中規模の噴火の可能性は低くなった」として、今月19日に警戒レベルを「火口周辺規制」を示す2に引き下げていました。

気象庁は、浅間山では今後も小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、噴火警戒レベル「2」の火口周辺警報を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。