川遊びの18歳男性2人 滝つぼで溺れ死亡 山梨 北杜

川遊びの18歳男性2人 滝つぼで溺れ死亡 山梨 北杜
25日、山梨県北杜市の渓谷で川遊びをしていた18歳の男性が滝つぼで溺れ、助けようとした友人の18歳の男性も溺れて2人が死亡しました。
25日午後3時半ごろ、北杜市白州町白須の尾白川渓谷で川遊びをしていた南アルプス市の櫻井康太さん(18)が滝つぼで溺れているのを、一緒に遊びに来ていた南アルプス市の会社員、志村啓悟さん(18)が見つけました。

警察によりますと、志村さんが泳いで櫻井さんを助けに向かいましたが2人とも溺れ、その後、県の防災ヘリコプターで病院に搬送されましたが2時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、2人はもう1人の友人と3人で渓谷に遊びに来ていて、2人が溺れた滝つぼは深い所で水深が7mほどあるということで、警察が当時の状況などを調べています。

尾白川渓谷は景観の美しさで人気の観光スポットで、この時期は涼を求めて連日多くの人が訪れています。