「日米貿易交渉 合意は非常に近い」 米トランプ大統領

「日米貿易交渉 合意は非常に近い」 米トランプ大統領
フランスを訪問しているアメリカのトランプ大統領は安倍総理大臣との首脳会談に先立って、日米の貿易交渉について「大きな協定の合意は非常に近い」と述べました。首脳会談では、新たな貿易協定の締結に向けた日程などについて協議するとみられ、トランプ大統領の発言が注目されます。
G7サミットに出席するためフランスを訪問しているトランプ大統領は、25日、イギリスのジョンソン首相との首脳会談の冒頭、記者団から日本との貿易交渉について問われ「日本との大きな協定の合意は非常に近い」と述べました。

そのうえで「安倍総理大臣と私は非常によい友人だ。われわれは5か月にわたって取り組んできた。これまでアメリカが日本と交わした協定のなかで最も大きなものの1つになるだろう」と述べ期待感を示しました。

日米両政府はワシントンで行われた閣僚協議で主要な論点で折り合い、事実上の大枠合意に達し、農産品の関税の引き下げは、TPP協定の水準を限度とする一方、日本が撤廃を求めている自動車の関税の扱いは継続協議とする方向です。

このあと行われる日米首脳会談ではこうした内容を確認したうえで、新たな貿易協定の締結に向けた日程などについて協議するとみられ、トランプ大統領の発言が注目されます。