2日後に名古屋の薬局で窃盗か 東京警察病院から逃走男

2日後に名古屋の薬局で窃盗か 東京警察病院から逃走男
東京警察病院から韓国籍の男が逃走して1週間となりますが、逃走の2日後に名古屋市内で起きた窃盗事件で、男と特徴がよく似た姿が防犯カメラに写っていたことが捜査関係者への取材で新たに分かりました。逃走中に被害が起きたとみられ、警視庁は現地に捜査員を派遣し、行方を捜査しています。
指名手配されている、住所不詳で韓国籍の金※ゲン基容疑者(64)は、今月13日、中野区のすし店に侵入し、現金を盗んだ疑いが持たれています。

金容疑者はこの事件で逮捕されたあと、けがの治療のため釈放され、東京警察病院に入院していましたが、1週間前の今月18日に逃走しました。

これまでの調べで、バスやタクシー、それに知人とみられる人物の車に乗り換えて、都外に逃走したとみられていますが、その後の調べで、逃走から2日後の今月20日、名古屋市内の薬局で起きた窃盗事件で、金容疑者と特徴がよく似た姿が防犯カメラに写っていたことが捜査関係者への取材で新たに分かりました。

薬局からは現金数万円が盗まれていて、防犯カメラの映像を警視庁が愛知県警から取り寄せたところ、金容疑者とみられるということです。

金容疑者は、身長およそ1メートル80センチで、逃走した際、白のTシャツに青の短いズボンをはいていました。

逃走中に被害が起きたとみられ、警視庁は現地に捜査員を派遣し、行方を捜査しています。(※ゲンはさんずいの右に「元」)