「ゴルゴ13」さいとう・たかを氏ら 名誉都民に

「ゴルゴ13」さいとう・たかを氏ら 名誉都民に
k10012045161_201908231138_201908231140.mp4
東京都の発展に貢献した人などに贈られる名誉都民に、人気劇画「ゴルゴ13」の連載を50年以上にわたって続ける劇画家のさいとう・たかをさんなど、3人が選ばれる見通しになりました。
名誉都民は東京都の発展に貢献した人などに毎年贈られ、都は、学識経験者などでつくる選考委員会で、今年度の候補者3人を選びました。

このうち、元文部大臣で港区在住の赤松良子さん(89)は、国会や地方議会で女性の議員やリーダーを増やすための一般財団法人の代表理事を務め、女性の社会的地位の向上に取り組んできたことなどが評価されました。

劇画家で中野区在住のさいとう・たかをさん(82)は、人気劇画の「ゴルゴ13」を50年以上にわたって連載するなど、世代をこえて多くの読者を魅了したとしています。

デザイナーで渋谷区在住の三宅一生さん(81)は、1枚の布から服を切り出す手法など革新的な服作りを続けていることなどが選定の理由だということです。

都は、来月開かれる都議会の定例会に提案し、議会の同意を得たうえで正式に3人を名誉都民として顕彰することにしています。