レアルマドリード久保 マジョルカ期限付き移籍 正式発表

レアルマドリード久保 マジョルカ期限付き移籍 正式発表
サッカースペイン1部リーグ、レアルマドリードの久保建英選手が同じスペイン1部のマジョルカに1年間の期限付き移籍をすることが決まりました。
これはレアルマドリードとマジョルカが公式ホームページで発表しました。

それによりますと、久保選手は来年の6月30日までの期限付きで移籍することが決まったということです。

ことし6月に史上2番目の若さで日本代表デビューを果たした18歳の久保選手は先月、J1のFC東京からレアルマドリードに移籍しました。

当初は、スペイン3部に所属するレアルマドリードのBチーム「カスティージャ」でプレーする予定でしたが、トップチームの北米遠征に帯同するなどして試合に出場し、正確なパスや鋭いドリブルで評価を高めていました。

マジョルカは、今シーズン1部復帰を果たし、過去にはジュビロ磐田の大久保嘉人選手や川崎フロンターレの家長昭博選手が所属していました。

久保選手は23日の午前中からマジョルカの練習に合流するということです。