経営統合へココカラ・マツキヨ両社長会見「アジアで1番に」

経営統合へココカラ・マツキヨ両社長会見「アジアで1番に」
経営統合に向けた協議を進めているドラッグストア大手のココカラファインとマツモトキヨシホールディングスの社長が22日会見を開き、統合によってアジアで1番のドラッグストアを目指す方針を明らかにしました。
都内で開かれた会見には両社の社長が出席し経営統合に向けた考え方などを説明しました。

この中でココカラファインの塚本厚志社長は「マツモトキヨシには優れた商品開発力や店舗運営力があり、われわれの経営課題である収益力の改善などが期待できる」と述べました。

またマツモトキヨシの松本清雄社長は「日本一のドラッグストアに返り咲くだけでなく、アジアで1番になるため積極的に出店していきたい」と述べ、アジアでの店舗数を700から800に増やす考えを明らかにしました。

また両社の店舗について松本社長は「地方の不採算店舗の閉店は進めるが、それぞれのよさがある」と述べ双方の店舗名は維持したいという考えを示しました。

ココカラファインをめぐってはスギホールディングスも経営統合を持ちかけていましたが今月、マツモトキヨシと経営統合に向けた協議を始めると発表しました。

経営統合が実現した場合、店舗数は合わせて3000を超えて業界トップとなる見通しです。