夏休みの宿題終わった?子どもたちに“宿題追い込みルーム”

夏休みの宿題終わった?子どもたちに“宿題追い込みルーム”
多くの学校では夏休みもあと少しとなり、岐阜市の児童館では小学生たちがボランティアの学生に手伝ってもらいながら夏休みの宿題に取り組んでいます。
「宿題追い込みルーム」と名付けられた催しは、宿題をやり終えてすっきりと夏休み明けの学校生活を送れるよう、岐阜市の岩野田児童センターが毎年この時期に行っています。

22日は、市内の小学1年生から5年生までの7人が参加し、ボランティアの短大生に算数や国語のドリルのわからないところを聞いて問題を解いていました。

小学5年の女の子は「わからない問題をすぐに教えてもらえるので参加しました。夏休みが終わるまでにはなんとか宿題を終わらせたいです」と話していました。

ボランティアで参加した短大生は「小学生のときに宿題が大変だったのを思い出しました。わかりやすく教えられるように頑張ります」と話していました。

岐阜市の「宿題追い込みルーム」は23日も午前10時から正午まで開かれています。