性的暴行で妊娠 胎児死産の女性 逆転無罪判決 エルサルバドル

性的暴行で妊娠 胎児死産の女性 逆転無罪判決 エルサルバドル
k10012043861_201908221138_201908221141.mp4
妊娠中絶が法律で厳格に禁止されている中米のエルサルバドルで、性的暴行で妊娠した胎児が死産したのは適切な配慮を怠ったためだとして殺人の罪で有罪判決を受けた女性に対する裁判のやり直しが行われ、逆転の無罪判決が言い渡されました。国際的な人権団体は「女性の権利の勝利だ」として判決の意義を強調しています。
人口の多くがキリスト教のカトリックが占める中米のエルサルバドルでは性的暴行による妊娠でも中絶は禁止され、死産や流産であっても罪に問われるケースがあります。

こうした中、地元の裁判所では性的暴行を受けて妊娠した21歳の女性の胎児が死産となったのは適切な配慮を怠ったためだとして、女性が殺人の罪で有罪判決を受けています。

判決を受けて、女性は3年近くにわたって服役していましたが、弁護側の申し立てを受けて最高裁が裁判のやり直しを命じ、19日になって、証拠が不十分だとして裁判所は逆転の無罪判決を言い渡しました。

判決のあと女性は支援者に囲まれながら「正義は果たされました。支えてくれた皆さんに感謝します」と話し、喜びをあらわにしていました。

国際的な人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は「女性の権利の勝利だ。妊娠や出産をめぐって、どんな女性も殺人の罪に問われるべきではない」として判決の意義を強調し、今後、エルサルバドル政府に中絶を禁止する法律を廃止するよう求めるとしています。