韓国 東京五輪で原発事故の影響 問題提起

韓国 東京五輪で原発事故の影響 問題提起
k10012043621_201908212328_201908212329.mp4
日韓関係が悪化する中、韓国のオリンピック委員会にあたる組織は東京オリンピックの大会組織委員会に対して福島第一原子力発電所の事故による影響について問題を提起したことを明らかにしました。
これは韓国のオリンピック委員会にあたる大韓体育会が発表したもので、21日、東京で開かれた東京オリンピックの準備状況などを説明する選手団長会議の中で韓国側が福島第一原子力発電所の事故による影響について問題を提起しました。

具体的には、野球やソフトボールの競技が福島市で行われることを念頭に選手の安全が確保されているかや、選手村で提供される食事について放射性物質による影響があるかどうかについて質問し、これに対し、日本側は問題ないとの考えを示し否定したということです。
また、韓国のパク・ヤンウ(朴良雨)文化体育観光相は21日ソウルで開かれた国会の委員会で原発事故による東京オリンピックへの影響について問われると「オリンピックに出場する韓国選手団の安全のため別途方策を講じる」と述べました。

韓国は福島の原発事故当初から安全性に対し、懸念を示していますが、日韓関係が悪化する中、日本にきぜんとした態度で厳しく臨む姿勢を強めています。