東京五輪の説明会 北朝鮮代表団が出席取りやめ

東京五輪の説明会 北朝鮮代表団が出席取りやめ
東京オリンピックに参加する国や地域を対象に、来週東京で開かれる説明会に出席する予定だった北朝鮮の代表団が一転して出席を取りやめたことが分かり、大会の開幕まで1年を切る中、北朝鮮側の今後の動向が注目されます。
出席を取りやめたのは、北朝鮮体育省のウォン・ギルウ次官ら北朝鮮の代表団3人です。

ウォン次官らは、東京オリンピックの組織委員会が来年の東京大会に参加する国や地域のオリンピック委員会を対象に、今月20日から東京で開く競技施設などに関する説明会に出席する予定でした。

北朝鮮に対する独自の制裁措置として、北朝鮮籍の人の入国を原則、禁止している日本政府も例外的に入国を認める方針でしたが、日朝の関係筋によりますと、北朝鮮側は説明会に代表団を派遣しないことを16日までに通知しました。

さらに、今月25日からオリンピックと同じ、日本武道館で行われる柔道の世界選手権についても選手団を派遣しない意向を日本側に通知したということです。いずれも理由は明らかになっていません。

東京オリンピックで北朝鮮は柔道など4つの競技で、韓国との合同チームを結成することでIOC=国際オリンピック委員会と合意していますが、短距離弾道ミサイルを相次いで発射するなど、日本や韓国との関係改善の見通しが立たない中、開幕まで1年を切った東京大会にどのような方針で臨むのか注目されます。