中日 高橋周平選手が1軍復帰

中日 高橋周平選手が1軍復帰
プロ野球・中日の主軸で、右手小指のじん帯を痛め2軍でリハビリを続けていた高橋周平選手が、1か月ぶりに1軍に復帰しました。
高橋選手は、先月16日の阪神戦で、1回、一塁ランナーとしてキャッチャーからけん制され、ヘッドスライディングでベースに戻ってアウトになった際に、右手小指を痛めました。

高橋選手は病院で検査を受けた結果、「右小指とう側側副じん帯断裂」と診断され、1軍の出場選手登録を抹消されました。

高橋選手はその後、手術は行わず、経過を見ながらリハビリを続けてきましたが、回復は順調だということで、16日、1か月ぶりに1軍に復帰しました。

高橋選手は、ケガの前までは打率3割1分9厘と、リーグトップに立っていて、主力野手にケガが相次ぐなか、活躍に大きな期待がかかります。

高橋選手は「患部は気にならない。やれることをしっかりやって、チームの勝利に貢献したい」と話していました。