女子ゴルフ国内ツアー 濱田が単独首位 渋野も好スタート

女子ゴルフ国内ツアー 濱田が単独首位 渋野も好スタート
女子ゴルフの国内ツアーの大会は、長野県軽井沢町で第1ラウンドが行われ、23歳の濱田茉優選手が単独首位に立ち、全英女子オープンで優勝した渋野日向子選手は、3打差の7位と好スタートを切りました。
全英女子オープンで日本選手42年ぶりの海外メジャー優勝を果たした渋野選手は、これが帰国後2戦目で、16日は、出だしの1番から連続バーディーを奪い、前半を3アンダーで折り返しました。

20歳の渋野選手は、後半もスコアを2つ伸ばして、第1ラウンドはバーディー6つ、ボギー1つの5アンダーで回り、首位と3打差の7位と好スタートを切りました。

ツアー初優勝を目指す濱田茉優選手が、バーディー10個を取り、ボギー2つの8アンダーで単独首位に立ちました。

1打差の2位に韓国のアン・ソンジュ選手がつけ、さらに1打差の3位に、19歳でアマチュアの大田紗羅選手など4人が続いています。