京アニ放火事件 警察が遺品を紛失し遺族に謝罪

京アニ放火事件 警察が遺品を紛失し遺族に謝罪
「京都アニメーション」のスタジオが放火され35人が死亡した事件で、警察が亡くなった人の遺品の腕時計を紛失し、遺族に謝罪していたことがわかりました。警察は「遺族や関係者に多大なご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます」とコメントしています。
警察によりますと、紛失したのは「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件に巻き込まれて亡くなった人が身につけていた腕時計です。

警察は事件で死亡した人の身元などを調べた際に、遺品はリスト化して管理をしていて、腕時計を確認していたということです。

しかし、7月下旬に遺族に遺体を引き渡す際になって、腕時計がなくなっていることに気づき、遺族に経緯を説明して謝罪したということです。

京都府警察本部は「遺族や関係者に多大なご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。今後、このようなことがないよう再発防止につとめていきます」とコメントしています。