埼玉 蕨 高校生殺人未遂事件 「車の鍵はどこだ」と切りつける

埼玉 蕨 高校生殺人未遂事件 「車の鍵はどこだ」と切りつける
埼玉県蕨市の住宅で17歳の男子高校生が首を刃物で切られてけがをした事件で、警察の調べに対し男子生徒が「知らない男から『車の鍵はどこだ』と聞かれたあと切られた」と話していることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。事件発生から16日で1か月になりますが、男の行方は分かっておらず警察が捜査を進めています。
先月16日、埼玉県蕨市の住宅でこの家に住む17歳の男子高校生が首を刃物で切られてけがをし、警察は現場から逃走した男が切りつけたとみて、殺人未遂の疑いで捜査しています。

現場の状況から、男は住宅に隣接するフェンスに足をかけて壁をよじ登って2階のベランダに上がり、鍵がかかっていなかった窓から侵入したとみられています。

その後の調べに対し、男子生徒が「知らない男から『車の鍵はどこだ』と聞かれたあと切られた」と話していることが、捜査関係者への取材で新たに分かりました。

男は男子生徒に切りつけたあと、1階の玄関から逃げる姿を男子生徒の父親に目撃されていますが、警察が住宅の近くにある複数の防犯カメラを調べたところ、男の姿は写っていなかったということです。

事件発生から16日で1か月になりますが、依然として男の行方は分かっておらず、警察が捜査を進めています。