常磐道 あおり運転受けて殴られる 傷害などの疑いで捜査

常磐道 あおり運転受けて殴られる 傷害などの疑いで捜査
今月10日、茨城県守谷市の常磐自動車道で、24歳の男性が「あおり運転」を受けて本線上に停車させられたうえ、降りてきた男に暴行され、けがをしました。警察は傷害などの疑いで捜査しています。
警察によりますと、今月10日の午前6時すぎ、守谷市大柏の常磐自動車道の上り線で、24歳の男性会社員が運転する車が、白い乗用車から「あおり運転」を受けて走行を阻まれ、本線上に停車させられました。

乗用車から30代から40代の男が降りて近づいてきて、男性は「殺すぞ」などと脅された上、窓越しに顔などを数発殴られ、けがをしたということです。

これまでの調べで、男が乗っていた乗用車は、海外の高級メーカーのSUVと呼ばれるタイプで、横浜市内のディーラーから代車として貸し出されていた車だとみられています。

一方、ディーラーの関係者によりますと、この乗用車は先月下旬に貸し出されましたが、3日間の期限をすぎても返却されなかったため、催促した結果、事件翌日の今月11日に男とは別の人物が返しに来たということです。

警察はドライブレコーダーの映像を分析するなどして詳しい状況を調べるとともに、傷害や道路交通法違反の疑いで男の行方を捜査しています。