白バイ追跡受けたバイクの男性が事故死 埼玉 上尾

白バイ追跡受けたバイクの男性が事故死 埼玉 上尾
15日夕方、埼玉県上尾市で小型バイクが乗用車と衝突し、小型バイクに乗っていた57歳の男性が死亡しました。小型バイクは、事故の直前に一時停止違反をしたとして警察官の追跡を受けていて、警察が詳しい状況を調べています。
15日午後6時ごろ、埼玉県上尾市の市道で小型バイクがカーブを曲がりきれず、正面からきた乗用車と衝突しました。

この事故で、小型バイクを運転していた市内に住む57歳の男性が全身を強く打って病院に運ばれましたが、およそ3時間後に死亡しました。乗用車の運転手にけがはありませんでした。

警察によりますと、バイクでパトロール中の警察官が事故の直前に小型バイクが一時停止違反をしたのを見つけ、停止するよう求めましたが、そのまま走り去ったため、追跡していたということです。

しかし、およそ200メートルほどで追いつかないと判断して追跡を打ち切り、その後、200メートルほど先で事故が起きたということで、警察は当時の詳しい状況を調べています。

上尾警察署の森田富士夫副署長は「事故の詳しい状況を調べるとともに、警察官の追跡が適切だったかについても調査します」と話しています。