“クマ駆除”に意見300件以上 多くが批判的内容

“クマ駆除”に意見300件以上 多くが批判的内容
住宅街に連日出没したクマを駆除した札幌市に対し、道内外から300件以上の意見が寄せられています。その多くが、クマを駆除した対応に対し批判的な内容だということです。
札幌市南区の住宅街では今月3日から連日クマが出没し、家庭菜園を荒らす被害も出ていたことから、市は猟友会に依頼して、14日、クマを猟銃で駆除しました。

これについて、札幌市には14日と15日の2日間で道内外からおよそ310件の意見が寄せられています。

寄せられた意見の多くは「なぜクマを駆除したのか」「麻酔で眠らせて山に返すことはできなかったのか」といったクマを駆除した対応に対し、批判的な内容だということです。

一方、クマが出没した地域に住む人からは「もっと早く駆除することはできなかったのか」といった意見も寄せられていて、クマを駆除した対応への賛否が分かれています。

これに対し、札幌市は「クマが人に慣れてきて住民が襲われる危険があった。麻酔では効果が出るまでの間、興奮して暴れてけが人がでるおそれもあり、駆除の判断をした。今後、電気柵を設置するなどクマを駆除しなくてもいいような対策を進める」としています。

北海道内では平成29年度に781頭のクマが駆除されていますが、札幌市で駆除されたのは6年ぶりだということです。