「イランタンカーはテロ組織を支援」米が乗組員制裁の方針

「イランタンカーはテロ組織を支援」米が乗組員制裁の方針
イギリス領の自治政府が、1か月余り拿捕(だほ)していたイランのタンカーを解放したことを受けて、アメリカ国務省は「タンカーはテロ組織を支援していた」として、乗組員に制裁を科す方針を明らかにしました。
イギリス領ジブラルタルの自治政府は、地中海と大西洋を結ぶジブラルタル海峡で、先月拿捕したイランのタンカーについて、EUの制裁対象となっている国には、今後向かわないとイラン側が確約したなどとして、15日、およそ1か月ぶりに解放しました。

これを受けてアメリカ国務省は15日、このタンカーはイランからシリアに原油を輸送することによって、アメリカがテロ組織に指定するイラン革命防衛隊を支援していた、とする声明を出しました。

そのうえで、タンカーの乗組員が今後アメリカに入国することを認めないなどの制裁を科すとしたうえで、引き続きイランに対して、あらゆる手段を用いると警告しました。

アメリカ政府は、これまでタンカーを解放しないようイギリス領の自治政府に求めてきた経緯があり、今回の声明は、引き続きイランをけん制するねらいがあるとみられます。

イランと対立するアメリカは、原油輸送の要衝となっているホルムズ海峡の安全を確保するためだとして、有志連合の結成を目指すなどイランへの圧力を強めています。