株価 小幅な値動き 米中貿易対立と香港情勢混乱で

株価 小幅な値動き 米中貿易対立と香港情勢混乱で
16日の東京株式市場、株価は小幅な値動きとなっています。
日経平均株価、午前の終値は、15日の終値より18円68銭高い2万424円33銭。

東証株価指数=トピックスは、2.48上がって1486.33。

午前の出来高は4億6799万株でした。

市場関係者は「株価が大幅に下落した翌日、15日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価が値上がりし、投資家の過度な不安感は和らいだ。ただ、米中の貿易をめぐる対立は収まる気配がみえず、香港の情勢も混乱が続いていて、東京市場では買い戻しの動きが鈍い」と話しています。