北朝鮮高官が北京の空港に到着 中国側と意見交換か

北朝鮮高官が北京の空港に到着 中国側と意見交換か
北朝鮮の朝鮮人民軍のキム・スギル総政治局長が16日昼前、中国の北京に到着し、滞在中、中国側と軍事面で意見交換を行う見通しです。
北朝鮮のピョンヤンから16日昼前、中国 北京の空港に到着したのは、朝鮮人民軍の陸軍で大将の階級を持つキム・スギル総政治局長の一行です。

一行は厳重な警戒態勢のもと、いずれも軍服を着て要人専用の出口から空港を出たあと、北京市内に向かいました。

訪問の目的は明らかになっていませんが、中国側と軍事面で意見交換を行う見通しです。

北朝鮮は16日朝、北朝鮮東部のカンウォン(江原)道から日本海に向け、飛しょう体を2発発射するなど、先月25日から3週間余りで6回発射を繰り返しています。

北朝鮮はアメリカ軍と韓国軍が今月20日までの予定で行っている合同軍事演習に強く反発していて、一連の発射の正当性などを中国側に主張する可能性もあります。