悠仁さま ブータンに向け出発 初の海外経験へ

悠仁さま ブータンに向け出発 初の海外経験へ
秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、16日午前、旅行先のブータンに向けて出発されました。悠仁さまにとって初めての海外経験となります。
悠仁さまと秋篠宮妃の紀子さまは、午前11時前、羽田空港の搭乗口で宮内庁の幹部などからあいさつを受け、民間機でブータンに向けて出発されました。

この春からお茶の水女子大学附属中学校に通われ、夏休み中の悠仁さまにとって、初めての海外経験となります。

ネクタイにジャケット姿の悠仁さまは、報道陣から「お気をつけて」などと声がかかると、笑顔で会釈をしてこたえられました。

およそ10分後、秋篠宮さまも別の搭乗口で見送りのあいさつを受け、違う民間機で出発されました。

今回の秋篠宮さまと悠仁さまのように、皇位継承順位1位と2位の皇族が一緒に同じ国を訪れるのは前例が見当たらないということで、宮内庁は、別の便での移動となった点について「1位と2位の方が同じ便に乗るリスクを回避するため」としています。
ご夫妻と悠仁さまは、首都ティンプーでワンチュク国王を表敬訪問するほか、国技のアーチェリーを見学したり、牛の放牧場を訪ねたりして伝統文化や豊かな自然に触れ、今月25日に帰国される予定です。

宮内庁は、悠仁さまについて「人格や教養の形成過程で外国を訪れ視野を広めることは大事なことだと思われる」としています。