台風10号 北海道は17日にかけ非常に激しい雨のおそれ 警戒を

台風10号 北海道は17日にかけ非常に激しい雨のおそれ 警戒を
大型の台風10号は日本海を北上していて、北海道では17日にかけて、非常に激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。気象庁は土砂災害や川の増水などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁の観測によりますと、大型の台風10号は午後6時には、北海道の奥尻島の西230キロの海上を1時間に35キロの速さで北東へ進んでいます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、北日本と東日本の広い範囲が風速15メートル以上の強風域に入っています。

北海道の稚内空港では、午後7時半ごろに25.7メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は、このあとも日本海を北東に進んで北海道に近づくと予想され、17日には温帯低気圧に変わる見込みです。

台風の接近に伴って、北日本では大気の状態が不安定になっていて、午後8時までの1時間には、北海道白老町森野で27ミリの強い雨を観測しました。

北海道では、17日の明け方にかけて、局地的に雷を伴い、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

17日夕方までの24時間に降る雨の量は、多いところで200ミリと予想されています。

また東北でも、このあと数時間、局地的に激しい雨が降る見込みです。

北日本では、非常に強い風が吹いて、海は大しけとなるおそれがあり、17日にかけての最大風速は、北海道で23メートル、東北で20メートル、最大瞬間風速は、北海道で35メートル、東北で30メートルに達する見込みです。

海上の波の高さは、北海道で6メートルの大しけとなるほか、東北と北陸でも5メートルと、しける見込みです。
気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に加え、暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。

一方、台風が通過した紀伊半島や四国では、降り始めからの雨量が多いところで500ミリから800ミリに達し、地盤が緩んでいる地域があります。

気象庁は、大雨となった地域では、しばらくの間、土砂災害に警戒を続けるよう呼びかけています。