円相場 小幅な値動き 世界景気後退への懸念根強く

円相場 小幅な値動き 世界景気後退への懸念根強く
16日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きになっています。
市場関係者は「15日にアメリカで発表された小売の売上高が市場の予想を上回るなど、アメリカの経済は底堅いという見方も一部に出ている。しかし、世界の景気後退に対する懸念は依然根強く、積極的な取り引きが控えられている」と話しています。