山陽新幹線 始発から運転再開 広島駅 早朝から大勢の利用客

山陽新幹線 始発から運転再開 広島駅 早朝から大勢の利用客
k10012037611_201908160736_201908160737.mp4
台風10号の影響で15日は運転を取りやめた山陽新幹線が16日の始発から運転を再開し、広島駅には朝早くから大勢の利用客が訪れています。
山陽新幹線は15日、新大阪と小倉の間の上下線で終日、運転を取りやめましたが、16日は始発から上下線ともに運転を再開しました。

Uターンラッシュの時期ということもあり、広島駅には、午前6時前から出発を待ちわびた利用客などが大勢訪れました。

そして、広島から東京へ向かう始発の「ひかり460号」が予定時刻の午前6時3分より少し遅れて出発しました。

帰省で広島を訪れていた男性は「きのう帰る予定だったのに台風がかぶってしまいました。きょうの指定席はほとんど埋まっていましたが1席だけたまたま残っていてほっとしました」と話していました。

JR西日本によりますと、山陽新幹線の上りの指定席はほぼ満席となっているということです。このため、グリーン車以外が自由席となっている新大阪行きの新幹線2本を臨時で運行して対応しています。