トランプ大統領「習主席と近く電話で会談」香港情勢で

トランプ大統領「習主席と近く電話で会談」香港情勢で
アメリカのトランプ大統領は、中国の習近平国家主席と近く電話会談を行い、混乱が続く香港情勢について意見を交わすことを明らかにしました。
トランプ大統領は15日、東部ニュージャージー州で記者団の質問に答え、香港で抗議活動が続く中、中国の武装警察が、隣接する広東省深※センに集結している香港の情勢について、「懸念している。暴力的な弾圧は見たくない」と述べました。

そのうえで「中国は人道的な形で香港の問題を解決してほしい。習主席を信頼している。彼が抗議を行っている人たちと直接、話をすれば速やかに問題は解決できる」と述べ、事態収拾に向け改めて期待感を示しました。

さらにトランプ大統領は「近く、習主席と電話で会談を行う予定だ。彼のことはよく知っている。彼はこの問題を解決できると信じている。彼が望むのであれば人道的に問題を解決できる。皆が幸せな形でだ」と述べ、習主席と電話会談を行い香港情勢について意見を交わすことを明らかにしました。

香港の抗議活動をめぐり、トランプ大統領は中国が人道的な形で事態を収拾することを望むという発言を繰り返していて、電話会談でもこうした考えを伝えるものとみられます。

※センは、「土」偏に「川」