台風10号 1人死亡 1人行方不明 49人けが(午前5時)

台風10号 1人死亡 1人行方不明 49人けが(午前5時)
NHKが各地の放送局を通じてまとめたところ、台風10号による影響で、16日午前5時現在、広島県内で1人が死亡し、兵庫県内で1人の行方が分からなくなっているほか、全国で少なくとも49人がけがをしました。
広島県尾道市では15日、台風に備えて岸壁に船を係留する作業をしていた82歳の男性が波にあおられて海に転落し、亡くなりました。

また15日夜、兵庫県上郡町で川に網を仕掛けてあゆを捕っていた71歳の男性の行方が分からなくなり、警察と消防は台風による雨で増水した川に流されたとみて捜索を行っています。

このほか徳島市で15日、50代の男性が強風にあおられて作業台から転落し、足首を折る大けがをするなど、台風10号による影響でけがをした人は、愛知県、岐阜県、三重県、京都府、滋賀県、岡山県、香川県、愛媛県、徳島県、大分県、宮崎県、鹿児島県で少なくとも49人にのぼっています。