立民と国民 考え方の隔たり大きく 会派の調整難航も

立民と国民 考え方の隔たり大きく 会派の調整難航も
k10012037361_201908160457_201908160459.mp4
国会での会派をめぐって立憲民主党と国民民主党の代表が15日会談しましたが、結論には至りませんでした。衆議院の会派への合流を求める立憲民主党に対し、国民民主党は、衆参両院での統一会派結成を要求するなど、考え方の隔たりは大きく、調整は難航することも予想されます。
立憲民主党の枝野代表がさきに、国民民主党の玉木代表に対し、憲法改正やエネルギー政策などの党の政策に理解を求めたうえで、衆議院の会派に加わるよう提案したことを受け、15日、両代表は改めて会談しました。

会談で、玉木氏は参議院も含め、対等な立場での統一会派の結成を求め、政策の方向性などを協議したいなどと回答したのに対し、枝野氏は「提案に対する答えになっていない」として、再回答を要求しました。

このため玉木氏は来週、党執行部で対応を検討する方針です。

両党には参議院選挙の結果も踏まえ、安倍政権と対じしていくためには、野党勢力の結集が必要だとして、「お互いが歩み寄る努力を続けていくべきだ」といった声は根強くあります。

ただ衆議院の会派への合流を求める立憲民主党に対し、国民民主党は衆参両院での統一会派結成を要求するなど、考え方の隔たりは大きく、調整は難航することも予想されます。