台風10号 日本海を北上 昼ごろから北日本でも大雨のおそれ

台風10号 日本海を北上 昼ごろから北日本でも大雨のおそれ
15日、西日本を縦断した大型の台風10号は日本海を北へ進んでいます。東海などで断続的に激しい雨が降っているほか、16日昼ごろから17日にかけては、北日本でも大雨となるおそれがあります。引き続き、土砂災害や川の増水のほか、暴風、高波に警戒が必要です。

日本海を北上

気象庁の観測によりますと、大型の台風10号は、16日午前9時には、新潟県佐渡市の西北西410キロの海上を1時間に35キロの速さで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、北日本から西日本の広い範囲が風速15メートル以上の強風域に入っていて、各地で風の強い状態が続いています。

近畿や東海などで雨雲が発達

近畿や東海などで雨雲が発達していて、午前9時までの1時間には、国土交通省が岐阜県中津川市に設置した雨量計で37ミリの激しい雨を観測しました。

奈良県や和歌山県では、降り始めからの雨量が多いところで500ミリから800ミリに達しました。これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まり、奈良県と岐阜県では、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

また、和歌山県と三重県では氾濫の危険性が非常に高まり、「氾濫危険水位」を超えている川があります。

北日本では非常に激しい雨のおそれ

台風は、次第に進路を北東に変えて日本海を進み、温帯低気圧に変わって、北海道に近づく見込みです。

東日本では16日夜にかけて激しい雨が降る見込みで、北日本では16日昼すぎから1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。

17日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽北海道で250ミリ
▽東北で150ミリ
▽東海で120ミリ
▽北陸で100ミリと予想されています。

その後も、北日本では雨が降り続き、17日の朝から18日朝までに北海道では、さらに50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

非常に強い風が吹き 大しけ続く

台風の影響で、西日本から東日本の広い範囲で強い風が吹き、大しけとなっていて、北日本でも、16日の夕方以降非常に強い風が吹いて大しけとなるおそれがあります。

17日にかけての最大風速は
▽北海道で23メートル、
▽東北、北陸、近畿で20メートルで、
最大瞬間風速は、30メートルから35メートルに達すると予想されています。

波の高さは
▽北海道と東北、伊豆諸島、東海、近畿で6メートル、
▽北陸と関東、四国で5メートルと予想されています。

引き続き土砂災害や川の増水、低い土地の浸水のほか、暴風や高波に警戒が必要です。